› マンゴーぷりん › 2015年11月11日

2015年11月11日

『第18回 全国農業担い手サミットinみやざき』に行って来たよ♪

昨日のニュースをご覧になった方も多いと思いますけど『第18回 全国農業担い手サミットinみやざき』が開催されました。
皇太子殿下もご来県され、農林水産大臣や全国各地から地方議員さん、農業委員、認定農業者の役員さんやJAの方々など約1700人がお見えになるのに、「私達が参加するのは場違いじゃなかろーか!?」なんて思いを抱きつつ、西都市で金柑を生産する農家さんと一緒に参加して来ました。



やはり安全面を考慮して、入場は持ち物検査と金属探知機で全身チェック。
ペットボトルなどは全て没収されると言う厳重な警戒が敷かれていましたが、特に混雑することなくスムーズに入場出来たのはさすがでした!



会場に入った所にあった胡蝶蘭は本当に見事で、栽培技術は宮崎の誇りだと改めて感心しました。



交流コーナーには宮崎県の特産品や企業のPRが沢山あって、県外の方も写真を撮ったり係の方に色々とご質問されていました。



西都市で作られたモノもいくつか展示してありましたよ((o(^∇^)o))





6次産業化・農村女性起業グループによる試食・展示コーナーには、私達宮崎人もよく知らないような県外、海外に向けて主に販売される特産品なども多くあった事に大変衝撃を受けました!



大会前にお弁当の配布があり、宮崎の美味しいモノがギュッと詰まった美味しいお弁当を県外の皆さんと一緒に楽しくお喋りしながらいただきました♪



歓迎のアトラクションでは高千穂神楽が披露された後、「みやざき犬」と「西高ダンス部」がダンスで会場を盛り上げてくれました♪♪♪
本大会中の撮影は当然禁止でしたけど、皇太子さまが宮崎県知事の先導によりご入場されると拍手でお迎え。

2010年に発生した家畜伝染病の口蹄疫にも触れられて「宮崎県は口蹄疫が発生した経験を踏まえ、全国のモデルとなる安全・安心で付加価値や収益性の高い畜産の構築に取り組まれているとうかがっている」とありがたいお言葉を頂きました。
我が家は畜産農家ではないのですが、ご理解いただけている事に対して涙が出るほど嬉しく感じました(*^_^*)

担い手メッセージやパネルトークなどでは農業を担う若い世代の苦難や新しい取り組み、女性農業者の活動などが紹介されて大変勉強になりましたし、もっともっと視野を広げて自分に出来る事で農業の楽しさを伝えていきたいと改めて思える良い経験になりました。




夜に開催された交流会は県内8ヵ所で、児湯地区は高鍋町で開催。
全国各地から来られた皆さん、名簿に書いてあった「JA西都マンゴー部会」の文字に丸印を付けて、席までご挨拶に来てくださいました!



おかげで有意義な交流会を過ごせましたけど、ずっと喋っていて飲めないし食べれない・・・
当然、お料理の写真なんてほとんど撮れなかった(≧▽≦)



西都市長もマスコットキャラクターと一緒に特産品のPRなど一生懸命頑張ってくださいました♪
今回の『全国農業担い手サミットinみやざき』は県内38のコースに分かれて現地研修会が行われたので、沢山の方が農業を通して宮崎の魅力を知っていただけたのではと思います。

前回開催地である兵庫県でのパネルトークを受けて、今回は若い担い手や女性農業者の参加を呼びかけられた事で参加したのですが、まだまだ周知されていない様子。
次回開催地は岐阜県ですが、若い世代にもっと参加していただいて沢山の事を学んで今後に生かして欲しいです(^_-)-☆

関係者の皆さん、ありがとうございました&お疲れさまでした♡
  


Posted by 幸せうさぎ at 21:19Comments(0)イベントお勉強