› マンゴーぷりん › 2018年09月

2018年09月21日

『燃え尽きてはいられない♪』




日中は暑い日もありますけど、朝晩は涼しくなって彼岸花があちこちに咲いていますね♪相変わらず慌ただしくしているけど、時間を作ってお彼岸詣りに行かなくちゃ。そう言えば、実家に彼岸団子をお供えに行くといつも「無理せんごつね」って、父に言われてたなぁ・・・





作業の方はあれもこれもと色々あって。先日下した二重のPOを義姉と一緒に処分(軽トラ3台分)!天井のPOを剥いだらまた処分に走らなきゃいけないし、廃棄ビニールやPO以外の廃棄資材を搬入する日も間違えないように気を付けています。





少し早いけど、マンゴーの谷シート交換との兼ね合いで来月に定植を迎える胡瓜栽培の準備も始めました!高齢の義両親には出来るだけゆっくりしてもらって旦那さんと義姉と3人で頑張って準備を進めています♪





米糠もたっぷり。去年よりコクゾウムシが少なくてホッとしました!トラクターに旦那さんが乗り、私と義姉がバケットいっぱいの肥料や米糠をスコップで救っては手振り。気が付いたら手のひらに青あざが出来ていました(@_@;)





果樹と違って胡瓜は育つ環境を土から作っていかなくちゃならないので、基礎がとても大事です。美味しい胡瓜の収穫を目指して頑張りますね♡





振り終えたら全身筋肉痛と倦怠感♪それが少し心地よく感じるのも農業をしている人にしか分からないでしょうね?疲れやストレスを上手に解消しながらこれからに備えてしっかりと気力&体力を保っていきたいです。燃え尽きてはいられません♪


☆おまけ☆





先日、地区の敬老会でお祝いに踊りを披露しました♪16名中12名の敬老者が公民館に集まってくださって、会食しながら楽しく過ごしましたよ。メンバーも昼間は農作業やお勤め、夜は連日踊りの練習!私が参加出来ない時には自主練までして頑張って踊りを覚えました。敬老の日の踊りは義母さん達が若い頃からの伝統なのでずっと続けていきたいと思います。
いつまでもお元気で、また来年も敬老の皆さんが揃って公民館へ足を運んでくださいますように(*^_^*)



  


Posted by 幸せうさぎ at 10:00Comments(0)仕事イベント

2018年09月15日

『お誕生日を迎えました♡』

6日に北海道で大地震が発生しました。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りしますとともに、被害に遭われた皆さまには心よりお見舞いを申し上げます。豪雨、台風、地震と日本は大災害に見舞われて今も多くの方が避難所生活をされています。幸いにも宮崎では局地的豪雨等の被害はあるものの、今のところ自然災害での被害は少ないのですが、決して油断は出来ません。
いざと言う時、パニックにならないように日頃から備えておきたいですね。





マンゴーの枝を整理していたら、美味しそうなキノコを見つけました!義姉と一緒に上から下から眺めては、食べられそうだとはしゃいだのですが、コレは『オオシロカラカサタケ』と言う毒キノコらしいので、食べちゃダメみたい(笑)
誕生日が来て、また1つ年を取ったのに食いしん坊は相変わらずです( ̄∇ ̄*)ゞ





農作業の方は、マンゴーハウスを全て手刈りで除草しました。それから広いハウスの二重ビニール(PO)を剥がして一呼吸(笑)→キュウリのハウスは巻き上げパイプの交換をしました。作業はしんどいけど、新品になるとしばらくは折れないだろうから安心です♪





パイプの交換が終わったら、今季メンテナンス最大の難関?谷シート交換が待っています!資材が届いたんだけど、まだ外ビニールを剥がさなきゃいけないので、煙突を外したり補強の紐を外したりと下準備中。天気を見ながらの作業なので、合間に私と義姉はマンゴーの枝を整理して来年の結実母枝を選んでいます。手に余るほどの充実感(笑)





時には全身汗まみれ&泥まみれの作業だったりするので、旦那さんも色々考えてくれたのか?お誕生日に高級な香水と口紅をプレゼントしてくれました!働き者の義母さんを見習っていると「農家の嫁」を理想に掲げてついつい頑張り過ぎてしまうけど、女性らしくあるコトも忘れちゃいけないんだなぁ...
この世に生み、育ててくれた両親は空の彼方ですが、家族や愛犬、愛猫と日常を過ごせることがどんなに幸せかと身に染みて思います。各地の災害を教訓に、改めて家族やご近所さん、お友達など支えてくださる方々への感謝を忘れてはいけないと思えた誕生日でした。
お祝いメッセージも沢山戴きまして、本当にありがとうございました(o^-^o)





最近は敬老の日に向けて、暇さえあれば踊りの練習!予定のない夜はご近所さんと一緒に夜遅くまでダンス!ダンス!ダンス!
お料理も手抜きになりがちだけど、「ムカゴご飯」を土鍋で炊いてみました♪
子供の頃にはよく取って帰って炒めて食べましたけど、最近はあまり見掛けなくなりましたね〜?懐かしい味にホッコリしました♡
これからまた農作業が加速してハードになっていくので、怪我に気を付けて上手に息抜きしながら頑張っていきたいと思います(^_-)-☆









  


Posted by 幸せうさぎ at 10:00Comments(0)仕事手料理記念日

2018年09月01日

『てっげ、うめぇ~♪♪♪』

ニュースでご覧になった方も多いと思いますが、8月25日から宮崎県を訪問されていた安倍総理大臣が26日(日)午前、西都市の園芸施設と新富町の児湯地域家畜市場を視察されました。7月の豪雨災害で中止になった地方行脚を再開したもので、同日午後には鹿児島県で自民党総裁選挙の出馬表明をされました。


【MRTニュース】
http://mrt.jp/localnews/?newsid=00027645


西都市への訪問→園芸施設の視察は7月に我が家のマンゴーハウスで予定されていたのですが、豪雨災害で中止になりました。その時にニラ部会からPRに来られる予定だったご夫婦が今回の視察圃場となった関係で、私がPRに呼ばれた形です。





早朝7時にニラ農家さんのハウスへ向かい、県警、農水省、九州農政局、宮崎県、JA、西都市などの関係者と挨拶を交わしながら準備と綿密な打ち合わせがありました!時間が経つに従って増えて来る関係者の人数。いったいどれだけの人に囲まれていたのか、ハウス周辺に100人くらいは居たと思います。頭が真っ白になりそうで「緊張する~」を連呼していました(笑)
 




緊張の中で総理の到着を待ち、JA西都組合長、西都市長、西都市議会議員の皆さんと一緒にお出迎え。
笑顔の安倍総理と握手をして名刺をいただき、ニラ農家さんがハウス内へとご案内しました♪





ハウス内で総理に栽培について話をされる間に、奥さんと2人で試食&試飲の準備!今回は朝獲れキュウリとカラーピーマンの丸かじりとニラ料理の試食、完熟マンゴー100%生ジュースの試飲が予定されていました。





JA西都の職員さんから宮崎県産の新鮮野菜について紹介があった後、朝獲れのキュウリを手で折って丸かじりされ「旨い!」と一言。そしてカラーピーマンも生で食べられるとお伝えするとオレンジ色を手に取って丸かじり。「適度な酸味がありますね」と感想を述べられて、更にもう一口召し上がってくださいました♡





こちらは視察されたニラ農家の奥さんが作ったナムル♪美味しいニラの香りは食欲をそそりますよね~?総理は「甘い!歯ごたえがあって、パワーが出そうな感じ」と仰って、美味しいニラの栽培には日照量が必要な事など説明を受けながら終始笑顔でした(*^_^*)





いよいよラストは私の出番♪完熟マンゴー100%ジュース!収穫後期にJAから頼まれて特別に冷蔵しておいた我が家のフレッシュマンゴーを使用したモノでした♡総理にコップをお渡しして直接注ぎながら話をするようにと指示があったのと「西都産ではなく宮崎県産完熟マンゴーのPRを2分」と言われていたので、悩んで悩んで簡潔に宮崎をアピールするなら方言だと思いました。
 



「宮崎県は野菜も美味しいですが、果樹の生産にも力を入れています!今日は宮崎県産完熟マンゴー100%ジュースをご用意しました!」と話しながら注ぐと一口飲まれて「さすが、コクがあって甘いですね?」と仰ってくださったので、「宮崎の方言では凄くを『てっげ』、美味しいを『うめぇ~』と言いますよ」とレクチャーすると、総理が「てっげ、うめぇ~」と真似してくださって、ジュースの残りを全て飲み干してくださったのには大感激でした♪





園芸視察での全てが終わると、車に乗り込む安倍総理を見送り、急いで車に乗り込み車列の最後尾へ。移動で車間が開いたりすれば児湯地域家畜市場のゲートを閉めると言われていたのでドキドキでした!無事に到着して良かったです。





会場に入る前に防疫のため「ブーツカバー」を着用、宮崎は口蹄疫の発生で多くの家畜が犠牲になった悲しい過去があります。二度と発生させないようにと今もしっかりとした消毒が実施されていますよ。







到着直後には子牛の模擬競りが行われた後、農家との意見交換がありました。内容の詳細は避けますけど、総理はそれぞれの農家が抱える課題や不安に対して時折メモを取りながら熱心に聞いて返答をされていらっしゃいました。政府インターネットTVで視察の様子が観られるようなので、より詳しくご覧になりたい方はアクセスしてみてください(^_-)-☆

政府インターネットTV
https://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg17560.html?t=104&a=1





鹿児島へ向かわれる総理をお見送りしながら、隣に立っていた関係者の方が「安藤さんのマンゴーハウスを予定通り7月に視察されていたら、総理の車列だけで20台、報道陣等の大型マイクロバスが3台の予定でした。車列を乱さずに移動するために道路は封鎖して信号を止めながら警備をしなくちゃならなかったんですよ?残念でしたけど、今回無事に終わって良かったですね」と言われて…封鎖なんて知らなかったのでびっくりして仰け反りました(@_@;)





今回は内閣総理大臣による視察に我が家で育てたマンゴー100%ジュースを飲んでいただくと言う大変貴重な経験をさせていただきました。当初は7月に予定されていたので、視察内容は5月か6月くらいから農水省や県警、JAと生産者が一緒になって何度も何度も修正しながら、農水省の方々は総理に視察を楽しんでいただけるように、県警は速やかな移動と安全確保に、JAは宮崎県産の農畜産物のPRにと手を尽くして来られました。





今回の視察前日に連絡なしでハウスへやって来られた農水省生産局の方々が「本当はここで視察の予定でした」と全員が蒸し込みで暑さが半端ないハウスに入られて収穫期に撮られて中止になるまで関係者に配信されていたハウス内の様子と、剪定して新芽が出ている現在の様子を見比べながらお話をすることが出来たのも嬉しかったです。ご配慮に心から感謝しています。
せっかくの記念写真に旦那さんが一緒ではなかったのが残念ですけど、これからも私なりに頑張ってサポートしつつ農業を楽しみながら続けていきたいです♡


※ネットへの掲載は政府関係者の方から許可をいただいております。  


Posted by 幸せうさぎ at 10:00Comments(6)仕事感謝感激