› マンゴーぷりん › 2018年10月

2018年10月19日

『感動の胡瓜定植でした♡』

なかなか更新が出来ずにすみませんでした・・・
台風24号でハウスが冠水してしまって、15日の予定だった胡瓜定植日に向けて家族で必死に作業を進めたけど間に合わず、1日延ばしていただいて、無事に定植を済ませました(*^_^*)





品種は【MTフェニックス】で、3月に定植したモノと同じ品種。台木は「スーパー昇竜」で、ゆっくり育って後に強くなり、後半までスタミナが保てると言う胡瓜です♪





肥料を入れて浅く耕した胡瓜のハウスがまるで川のような状態で泥水に浸かったのが9月30。この時は自宅近くの道まで冠水してしまっていたので一時避難したものの、胡瓜の栽培に関しては先の見えない状況でした。更に台風25号が追い打ちを掛けて通過・・・





ハウスの前にあった200リットルの農業用桶は隣の地区まで流されていて10月9日に見つかりました。ご近所農家さんのビニール張りに行ってなかったら情報が入らずにそのまま放置されていたかも?無事に戻って来てくれたのでデカデカと名前を書きました!また流されるのは御免ですけどね(笑)





ある程度土が乾くまでは被せられないので、ギリギリまでマンゴーハウスの谷シート交換。寒くなって来たので早くビニールを掛けてあげないといけないのですが、マンゴーのコトは別にまとめますね♪なんとか準備が整って、ビニールを張ったのが10月10日。だけどまだ土壌は乾き切っていませんでした・・・





翌11日には二重ビニールを張り!奥の方はまだ土がぬかるんでいて歩く度に長靴が泥だらけ。それでも水没したポンプはモーターを外して乾かしていたので、まだ水が出せない状態でした。





10月12日はずっと休んでいたお義父さんがトラクターに乗り、ハウス内を丁寧に丁寧に耕してくれたので、その間にマンゴーの谷シートを張って仮留めまで。翌日は旦那さんが管理機を使って畝上げをしてくれて、地均し→マルチ張り→灌水パイプを運んで繋ぐところまで一気にこなしました!合間に旦那さんがポンプのモーターを取り付けてくれて、ただ「水が出る」と言うことに感動して涙が溢れてしまいました・・・(ノД`。)ホロリ





そして、16日に胡瓜の苗を定植♪
周りには損壊して修理中のハウスもあるし、作付けを諦めたお友達もいるのでとても辛いですけど、家族が体調を崩すことなく頑張って準備をしてくれたおかげで定植出来たと思っています!





「かてり(共同農作業)」のメンバーさんは17~18人ほどいらっしゃるので、困難な時ほど人力がパワーになり作業が捗りますね!!!自分達のハウスが修理で大変な最中、ビニール張りや定植のお手伝いに来てくださって本当に助かりました。





成長の早い胡瓜は、定植日を1日延ばすのも不安でいっぱいでした。苗の取引通知が来ていた場所と違う所に仕立ててあったと言うハプニングはあったものの心配するような苗の伸び過ぎもなくて、葉の色が若干薄いかなと思うくらいで根の張りも問題なかったのは幸いでした♪
定植後は仮留めしていたマンゴーの谷シートを仕上げているので気力も体力も限界を超える日があったり。全身筋肉痛はまだ継続中ですが、「痛みがあるのは生きてる証拠」亡くなった母がいつも言っていた言葉が励みになっています♡





復旧作業の最中、1日だけ休みにして旦那さんが日南海岸へドライブに連れて行ってくれました。歩くのも嫌なくらいに足が痛かったので気が進まなかったのですが、やっぱり気分転換は大事ですね~?農業に自然災害は付きものなので、災害から多くを学び作物を育てる楽しみに変えていくことが収穫の喜びに繋がると信じて頑張ります(^_-)-☆






  


Posted by 幸せうさぎ at 10:00Comments(0)仕事感謝感激

2018年10月08日

『谷シート除去とナナさんのライバル。』

先日、西都市銀鏡で実家の親戚の方が行方不明になり、台風による豪雨で陥没した道路に転落した可能性があるとの事で捜査が行われていたのですが、今日ご遺体が発見されました。私自身は遠縁になりますけど、実家は祖父母も両親も他界してしまっているので銀鏡との連絡を伯父や伯母へ取り次ぐ役目をする事になり、悲しみがより深くなってしまいました・・・心より、ご冥福をお祈りしたいと思います。


さて。浸水被害に遭ったマンゴーハウスですが、谷のシートを交換するために資材が届いていましたけど、全て水浸しの泥まみれ。それでも交換作業に取り掛からなくちゃいけないので、台風が去った直後から強風が吹く中で取り外しの作業をしていました。





「ハイ。クルクル回してナットを緩めてね!」と渡されたのはメガネレンチ。電動でやる作業だと思っていた私は絶句!確かに地面は水溜りなのでインパクトを落としたら水没ですよねー。手回しでやるしかないっ!!!





脚立に登ってナットを4つずつ緩めて降りて、脚立を持って2.3歩歩いてまた脚立に登ってナットを緩めての繰り返し。地面がドロドロなので脚立の脚が沈み、バランスを崩すこともしばしば・・・





谷の上では義姉が緩めたナットと金具を外して回収していきます!旦那さんと私と義姉の3人で、サクサクと作業が進んでいきました♪





金具を外すと谷シート3ヵ所をカッターでカット。押さえのV字金具を外して下せばいよいよシートの除去です!





足が竦むほどの高さなのに、台風後の強風もあったので危ないと言われ、旦那さんと義姉が運び、私は降ろした谷シートを片付ける事になりました♪





シートは泥だらけで重くて、ただ巻いていくだけの作業なのに汗だくでした!クルクルとロールさせて紐で縛って、5谷分で20本巻きまくりました(笑)





外した押さえのV字金具は錆びていますけど、使えるようなモノはリサイクル。出来る限り資材は大事に使いたいと思っています♪





谷のシートを外すところまでで一区切り。今日は旦那さんと一緒に南へドライブしてリフレッシュして来ました♪
明日から「かてり(共同農作業)」メンバーさんのビニール張りの手伝いや胡瓜の定植手伝い要請が来ているので慌ただしくなりますっ!!
がんばるよ~v(。-_-。)vブイッ♪


☆おまけ☆


つい最近、旦那さんのスマホカバーが愛猫ナナさんに傷付けられてしまいました。「カメラのカバーもピンク色だから色に反応する」と言っていたので納得していたのですが…





私がスマホで猫の動画を見ていたら、棚で寝ていたナナさんが鳴き声に反応して降りて来ました!そして、動画が気になるのかと思えば旦那さんのスマホカバーの前にオスワリ?真剣にスマホカバーのイラストを睨みつけていました。
「ナナちゃん、その猫は鳴かんよ?」って言ってみたけど、可愛いわ~♡ナナさんにとってはライバルなんでしょうね(笑)



  


Posted by 幸せうさぎ at 22:03Comments(0)仕事事件

2018年10月07日

『一歩ずつ、笑って乗り越えよう♪』

日本を縦断して大きな被害をもたらした台風24号。私の住む西都市でも家屋や農業施設の損壊や冠水、長期停電などがありました。あれから数日しか経っていないのに、次の台風25号が襲来!





心配した割に大きな被害はなかったのですが定植日が迫る胡瓜のハウスは土が乾かず、マンゴーの葉は傷みが激しく折れた枝も沢山あるし、水が溜まってしまったのでポンプで水を汲み上げながら出来る範囲での復旧作業を進めています。





台風24号の浸水被害から一夜明けた朝のハウス内・・・
現状を目の当たりにするとやはりショックです。





ご近所さんのハウスは天井や二重ビニールが剥がれたり、パイプが曲がったり折れたりしていてかなり酷い状況。我が家のハウスも番線が切れていたりビニールが破れていたり!損壊しなかったのは奇跡でした・・・





浸水しなかった2ヶ所のハウスは2日間掛けて補修しました!
被害に遭わなかったマンゴーの樹は来年も美味しいマンゴーを実らせてくれると思います♪




浸水したハウスは旦那さんが散乱していた資材を集めて回り、ポンプのベアリングは掃除をして乾かし、苗床のハウスも片づけて、胡瓜のハウスは義母さんが土上げをしてくれました!まだまだやるべきことが山積みです。




連日泥だらけなモノで、すっぴんで失礼!私はとっても元気でいます♡
沢山の方が心配してくれて本当にありがたく思いますが、これも試練です。ご近所にも西都市内にも県内にも県外にも被災されて懸命に復旧活動をされていらっしゃる方が大勢います。今はケガをしないように、家族にも気を配りながら出来る事を一歩ずつ笑って乗り越えていきたいです(*^_^*)






  


Posted by 幸せうさぎ at 10:00Comments(0)仕事災害

2018年10月01日

『お風呂でワンワン泣きました!』

台風24号が強い勢力のまま日本列島を縦断していきました。
被害に遭われた皆さまには心よりお見舞いを申し上げますm(__)m
我が家のマンゴーハウスは川の増水で水に浸かり、来年の収穫にどう影響するか不安でいっぱいです・・・




キュウリの定植は来月15日前後の予定なので、肥料を撒いた後は雨で肥やしが流出しないように浅く耕してありました・・・




ビニールを掛ける前にサイドビニールの破れをチェック!カラスが突っついた無数の穴も補修→台風に備えて縛り付けていました・・・




谷シートを交換予定のマンゴーハウスはハウスバンドを外してビニールを剥いで、巻き上げパイプを縛り、番線を抜いてシートピンを外すところまで順調に作業を進めていました・・・


  



その合間には廃棄資材の搬入日に義姉と2人で軽トラックに積み込み、何往復もして廃材を運びました…




台風前は2日程雨が降らなかったおかげで苗床ビニールを剥がしたり、ビニールを剥がさない2ヵ所のマンゴーハウスの補修作業も出来ました・・・




そしてやって来た台風24号!!!暴風域に入った直後に農業用の資材置き場が風で飛ばされ・・・




暴風と豪雨の中で停電と雨漏り。覚悟はしていたけど、自宅前の道が冠水してしまい避難・・・




家族で手分けして乗用車と軽トラック2台で避難所へ。愛犬あいると愛猫ナナは私が連れて行き、離れると鳴くので駐車場で待機して水が引くのを待って帰宅しました・・・




マンゴーは私の胸辺りまで水が上がり、しばらくは中に入れそうにありません。ビニールを剥がしていないハウスは換気扇を回してビニールを吸いつかせる処置を取っていたので剥がれはしなかったものの、ギリギリ回避でパッカーが外れたり紐が緩んでいて修繕が必要みたいです・・・




苗床ハウスのビニールを剥がすかどうか、事前に義父へ伺って判断を仰いだのですが「あの時お前が言ってくれて良かった。廃棄ビニールもハウスバンドも始末していて良かった。マンゴーは浸かったけどビニールも剥いでいて良かった。家も浸からなくて本当に良かった!」と言われて、泣くと怒られるのでお風呂でワンワン泣きました!安心したのと悔しいのとこれからの大変さといろんな感情が一気に溢れて・・・





今回の台風は本当に激しかったので、家族が無事だったことが何よりだと感じています。平成17年の台風浸水被害では自宅もハウスも重油にまみれて散々な思いをしましたから、それに比べたら軽いもんです。何事も経験ですね♪帰宅して真っ先に氏神様に手を合わせました!
台風25号も気になりますが、今日から胡瓜の定植準備とマンゴーのハウス整備と樹勢回復に向けて全力を尽くしたいと思います(*^_^*)








  


Posted by 幸せうさぎ at 10:00Comments(4)仕事災害