› マンゴーぷりん › お店のお菓子 › 『口福を想う』

2015年01月11日

『口福を想う』

年末年始に帰省中だった親戚の方から『宗家 源吉兆庵』の詰合せをいただきました♪





中でも「絵馬福招来」と言う季節限定の干支菓子は格別。
抹茶餡と刻んだ栗入りのこし餡を抹茶風味の黄身羽二重餡で包んだお菓子なんですが、一口食べて驚きました!





なんなのコレ!?
口に含んだまま「ん〜???」って言っちゃったくらい(笑)
滑らかな食感と絶妙なこし餡の甘味が、私の想像する和菓子の域を超えてました(≧▽≦)



思わず頭に浮かんだのが『口福』
これは仲良くさせていただいている女流書家「沙夜」ちゃんの個展で印象に残っていた言葉です。
(気になる方はHPのギャラリーにも載っているので見てください♡)
まさにっ!!って感じでした。



生きていく為には食べる事が欠かせませんよね?
ですが、口にする物全てに幸せを感じるかと言うと違ったりします。
私は自分で農家として生きる道を選んで今があるので、出来る事なら私の家族が一生懸命に育てたお米や野菜、果物を食べてくださる全ての人に感動や喜びを味わってもらいたい。


去年、東京の高級フルーツ専門店である『サン・フルーツ』さんのリンゴを戴く機会がありました。
長野県安曇野産のリンゴだそうです。





よく見ると軸が太かったりしますが、パッと見た目はそこら辺のスーパーで200円くらいで売っている普通のリンゴと同じ様に見えます。
こんな風に記事にするとは思っていなかったのでカットした写真を撮りませんでしたけど、蜜入りでもありませんでした。


一口食べてびっくり!!!
先ずは食感がまるで違う...
表現が難しいですけど、弾けるような感じでとてもフレッシュ。
そして、甘味と酸味のバランスが絶妙!
たった1個のリンゴにこんなに感動した事はありませんでした。


考えてみたら、高級フルーツ店で果物を選ぶなんて時は「お世話になった方への贈り物」だったり「親しい方へのお見舞い」だったり「頑張った自分へのご褒美」だったり。
とにかく『特別』な訳ですよね?
『特別』なモノを扱っているお店に並ぶ品物は全てに於いて『特別な上級品』が求められます。
私達は作物を育てる生産者として、もっともっと意識を高めて取り組まなきゃいけないと思い改めました。





選んでいただける事を願い、心を込めて育てる事でお客さまの口福へ繋がると嬉しく思います。
頑張ろう(o^−^o)











同じカテゴリー(お店のお菓子)の記事画像
『熊本旅行のお土産♪♪♪』
『農機具展示会と癒しのアイス♡』
『吉丸精肉店のコロッケ♪』
『サン・フルーツさんのフレッシュゼリー』
『ケーク・ダムール〜愛のケーキ〜』
『どらちゃんのポケット♪』
同じカテゴリー(お店のお菓子)の記事
 『熊本旅行のお土産♪♪♪』 (2017-07-21 23:15)
 『農機具展示会と癒しのアイス♡』 (2016-11-21 10:00)
 『吉丸精肉店のコロッケ♪』 (2015-10-08 21:33)
 『サン・フルーツさんのフレッシュゼリー』 (2015-07-26 14:00)
 『ケーク・ダムール〜愛のケーキ〜』 (2015-06-24 12:00)
 『どらちゃんのポケット♪』 (2015-04-04 17:55)

この記事へのコメント
今年も口福を味わいたいです。
生きている限り。
Posted by キリンさんキリンさん at 2015年01月11日 13:05
キリンさんへ

いくら美味しいものでも、1人では味気ないもの。
ご一緒させていただきます♡
生きている限り(^_-)-☆
Posted by 幸せうさぎ幸せうさぎ at 2015年01月11日 20:15
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『口福を想う』
    コメント(2)