› マンゴーぷりん › 仕事 ›  › 『マンゴーの視察研修に行って来ました!』

2015年11月21日

『マンゴーの視察研修に行って来ました!』




昨日はJA西都マンゴー部会の女性生産者の視察研修に参加して、JA日向のマンゴー農家さんを訪ねて来ました♪
あちらのJA担当者さんと、東郷町の道の駅で待ち合わせ。
視察先は、先日の担い手サミットでマンゴージェラートを紹介されていた『大山いち三。』の一政果樹園さんでした。






マンゴーは、8月に剪定をすると緑化が追いつかずに翌年は休ませる園地もあるのですが、緑化を早める方法を実施してしっかりと花芽を動かし、灌水量や温度等もきちんとデータを取って管理されていらっしゃいました。





うちは5月〜6月メインに出荷、7月初旬に剪定なので、緑化が間に合わない事はほとんどありません。
ですが、勉強熱心な方のお話は勉強になりますね!
成功例と言うのはどうしても条件が異なるので真似出来ない部分がありますけど、失敗談を話してくださると選択に迫られた時にとても役立ちますから、とてもありがたいです(*^_^*)





気になったのは弱小枝にも全部花芽が来ていて、有葉花が一本も無かったコト。
花が強いと言うことは、樹勢が弱くなっている可能性が高いんですよね?
着果数を減らしてあげないと負担が掛かって樹を弱らせてしまいますから、開花から摘果の時期は大変でしょう・・・。





下に撒いてあるのはサトウキビの搾り粕と剪定枝のチップなんだそうです。
搾り粕にも糖分があるそうで、その下には竹炭も撒いてあるとおっしゃっていましたが、アルカリが強くならないのかな?
元々の土壌も山土で、こちらとは違うので大丈夫なんでしょうね。


我が家も今日から一番早いハウスの有葉花の葉をカットし始めました。
これから花芽が動いて来ると神経ピリピリの日々が始まってしまうんですよね~?
収穫期を笑って迎えられるように頑張っていきたいです(o^−^o)



☆おまけ☆





生後8か月になる我が家の王子「あいる」くん♪
去勢手術をお願いしました。
病院へ連れて行くと、興奮して二重扉のドアに激突!!
次は自動ドアに挟まれて、先生や待合室に居た方に大笑いされました。


研修が終わってからお迎えに行ったのですが、診察室から出たくないと拒否(笑)
「術後も元気でスタッフ全員にハイタッチして、院内の物を全て引き倒して走り回っていました。まるで子牛を飼っているようでしたよ!?」
なんて言われてびっくり(@_@;)
でも、無事に終わってホッとしました~♡










同じカテゴリー(仕事)の記事画像
『マンゴーの樹勢回復に向けて…』
『感動の胡瓜定植でした♡』
『谷シート除去とナナさんのライバル。』
『一歩ずつ、笑って乗り越えよう♪』
『お風呂でワンワン泣きました!』
『燃え尽きてはいられない♪』
同じカテゴリー(仕事)の記事
 『マンゴーの樹勢回復に向けて…』 (2018-11-12 10:00)
 『感動の胡瓜定植でした♡』 (2018-10-19 10:00)
 『谷シート除去とナナさんのライバル。』 (2018-10-08 22:03)
 『一歩ずつ、笑って乗り越えよう♪』 (2018-10-07 10:00)
 『お風呂でワンワン泣きました!』 (2018-10-01 10:00)
 『燃え尽きてはいられない♪』 (2018-09-21 10:00)

Posted by 幸せうさぎ at 20:46│Comments(0)仕事
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『マンゴーの視察研修に行って来ました!』
    コメント(0)