› マンゴーぷりん › 『青パパイヤ料理に挑戦♪』

2017年12月12日

『青パパイヤ料理に挑戦♪』

「パパイヤ」って黄色く熟したトロピカルフルーツのイメージ。
ですけど、未熟な青い果実は野菜みたいな感覚で調理出来るんですよね♪
ご近所さんから畑で育てた青パパイヤをいただいたので、食べてみました!





夏だったかな~?興味があって参加したパパイヤの試験栽培説明会で完熟パパイヤの試食をしたら、夫婦そろって被れて私は口が腫れてしまったので栽培にチャレンジするのを断念。じつは調理をするのもドキドキでした!





果肉はサクッと切れるくらいに固くも柔くもないけど、切り口から汁が出て来て手に付くと肌がツルツル!酵素の働きなのかな?かなりアクが強いみたいですけどヒリヒリとかはしない感じ。一品は薄切りにして、豚肉、玉ねぎ、ピーマンと炒めて回鍋肉風の味付けにしてみましたよ♪





パパイヤ自体に味はほとんど無いようですけど、成り口の辺りは炒めても割りと固くて歯応えが残りました。少しだけ口の周りに違和感があったものの、家族も美味しく食べてくれて良かった(*´ー`*)





もう一品はミートグラタン風にしてみました♪味はビーフシチューみたいだけど、具材はベーコン、しめじ、青パパイヤのみ。こちらは少し厚く切ってしまったせいか固くてゴリゴリな食感が不評でした(笑)しかも見た目のパパイヤ感ゼロ。
すんませ~ん( ̄∇ ̄*)ゞ


【青パパイヤ調理の教訓】

・出来るだけ薄く切る!
・水にさらして、アクを抜く!

またいつか、青パパイヤを手にする事があったら他の料理にもチャレンジしてみたいです♪
スライスして唐揚げとかかき揚げ、シリシリにして和え物にもなりそう!
しかし、口が腫れても食べてみたいと思うなんて根っからの食いしん坊だよなぁ...(*≧艸≦)
ちなみに、露地栽培だったパパイヤの木は寒さに弱くて枯れてしまったそうです。





9月に宮崎県庁の中庭で撮った写真を載せておきました!大木になるパパイヤも最近は低木種が多くなっているみたいですよ?これから先、栽培が盛んになると良いですね(*^_^*)



Posted by 幸せうさぎ at 16:00│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは仙台でも青パパイヤ栽培始まったそうです。
野菜の青パパイヤですが、霜が落ちる前に収穫するそうです。(もちろん加温はしないで、1年で終了)私も黄色パパイヤをスーパーで購入し、種を蒔いて1m位まで成長しましたが、2年目の冬給水過多で根腐れさせてしまいました。冬場はカラカラの状態が一番良いようです。また食べる機会があれば、種をまいてみようかとも思います。宮崎では高さを出さないように、蛇がとぐろを巻いたようにハウスで育てている農家さんがあると聞きます。なんでも経験なんですね。パパイゲンは青パパイヤに多く含んでいるそうなので、なるべく熱を加えないように調理すると良いようです。
Posted by mitikusa at 2017年12月14日 18:31
mitikusa さんへ

こんにちは(^^)/
お返事が遅くなって、すみません・・・
仙台でも青パパイヤの栽培をしているんですね~?
種を蒔いてみる当たり、さすがです!次は上手くいくんじゃないでしょうか、楽しみですね♪
宮崎でも今は低木で露地が増えて来ていますが、完熟させるとなるとハウス栽培が適しているでしょうし量産するとなれば色々と工夫が必要でしょうね。
うちは夫婦ともにパパイヤには被れるようで、仰る通り調理中も湯気が当たるだけでしんどかったです(>_<)
マンゴーで手いっぱいなので栽培はしないでしょうけど、これから手に入れやすい環境になれば美味しく調理してみたいと思います。
仙台も寒さが厳しくなって生きているでしょうね、お体に気を付けてお過ごしください。
Posted by 幸せうさぎ幸せうさぎ at 2017年12月15日 17:28
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『青パパイヤ料理に挑戦♪』
    コメント(2)